「2017年5月」の記事一覧

京都のおいしい食べ物

日記

私は京都に行ったら毎回絶対に食べたいものが2つあります。まず一つは京都のうどんです。京都といったら湯豆腐とか、京料理じゃないの?と言われることも多々ありますが、それに負けず劣らずおいしいうどんがあるんです。

それは、おめんです。おめんとは京都銀閣寺に本店を構える店のメイン商品です。御麺がなまっておめんとなったのが由来と言われています。どうやら群馬県のうどんらしいのですが、関西で広めようとしたのがこのお店。

私は京都にはもう10回以上観光で行っていますが、最初の4回はこのうどんにありつけず。もともと父におすすめされて毎回混雑で断念していたのです。

うどんのお味はというと、つるつるモチモチできちんとコシがあります。それに特徴的なのが薬味です。きんぴらごぼうに旬の野菜、そしてゴマが大盛りで別別皿でついてきます。正直、うどんの本場の四国で食べたうどんよりも全然おいしいです(*’▽’)スタンダードなものもあれば、天ぷらと一緒にいただくものもありこの天ぷらもおいしい。

2つめは、嵐山の鯛茶漬けです。これは、妹から情報を仕入れていったのですが、こちらも人気店で予約もいっぱいで当日並ぶも1時間45分待ち。

ここも何回か断念せざるを得ませんでしたが、やっといけた時に1時間45分待ちの意味が分かりました。

とにかくおいしい。の一言につきます(*^^)vごはんもおひつでお代わり自由。だしも本当においしすぎます。

鯛茶漬けとともに御新香やデザートのわらび餅などもついてくるのですが全部おいしかったです。すべて自家製で、祖父母を連れて行ったときには持って帰りたいと絶賛しており、なんとかお新香を売ってもらえないか交渉までしていました(笑)もちろんだめでしたが。

このおいしかった2つは、最初に食べたのは、別々の旅行でしたが、どちらも最初に食べたのは、当時はまだ付き合い始めだった今の旦那さんなんです(‘ω’)ノなので、この2つの食べ物はおいしいのはもちろん私にとっては好きな人とおいしいものを食べるし幸せな思い出です。

 

私の胸の悩み

日記

昔は私の胸はお世辞にも大きいとは言えませんでした。むしろ小さい方でした。その私の胸の小ささで悩み始めていたエピソードがあるので聞いてください。

だいぶ昔の話ですが、バイトで稼いだ給料が入った私は、洋服を買いに某ショッピングモールに行きました。かわいい洋服を買うのが好きで、いつも買いに行ってはかわいい洋服を買って満足していました。

その日もかわいい服を買うぞとうきうきしており、いつものようにかわいい服を買い、満足して充実した一日にするつもりでした。しかし、その日は私の胸の小ささに悩むきっかけとなる一日となってしまったのです。

いつも通り、自分の好きな洋服屋さんで洋服をみていました。その日はなかなか自分の気に入る洋服が見つからなくて、まあこんな日もあるから買わなくてもいいかなって思い始めていました。

しかし、そんなことを思いながらふと目をやった先に自分好みのとてもかわいい洋服を見つけたのです。シンプルな形のワンピースだったんですが、ところどころにかわいいところがあって本当に気に入っていました。

ワンピースを持っていなかったこともあり、買ってみようと思いました。さっそく鏡の前で自分に洋服を会わせてみます。

みた感じ、自分の雰囲気にあってていい感じです。サイズや丈が合わなかったら格好が悪いから、ちゃんと試着しておこうと思い試着室に行きました。

そしてそこで、ついに悩むきっかけとなる瞬間が来てしまったのです。試着をしてみて鏡をみました。

あれ、なんだかさっきの鏡の前で合わせたときと違うぞ…?何が違うのか、何か違和感を感じたのはなにかを考えてみました。

そして気づいてしまったのです、胸がないためにワンピースがストンッとなっていてシルエットが悪いことに…(/_;)

胸の小ささがとても強調されていました。その時ほど自分の胸の小ささを痛感し、悲しかったときはありません。

胸がないために、着たい洋服が似合わなくなるのが私の悩みでした。

これはいかんと思い、いい大きさの胸になって好きな洋服をきれいなシルエットで着たいと思いました。

そこでちょっと前に見つけたのが胸を大きくする方法が詳しく書かれたサイトでした。

試しに書かれていた通りにやってみて、オススメの方法もやっていたら、3か月くらいで見た目にもわかるくらい大きくなってきたんですよ胸が!

あと少しでワンピースが似合う体系になれそうです。

ページの先頭へ