私は中学生の頃から、ニキビがたくさんできるようになってしまいました。

毎日一生懸命洗顔したり、薬をつけたりしても、どうしても次々とニキビができてしまうのです。それで、肌がぼこぼこになってしまい本当に鏡を見るのもイヤなくらいニキビがいっぱいの顔で、青春時代を過ごしてしまいました(>_<)。

友だちから、「ちゃんと顔洗ってる?」なんて言われて、とても悲しい思いをしました。

20歳くらいになると、少し数は落ち着いてきたのですが、それでもやはり毎日1~2個はニキビができていました。それも、大人になるとだんだん赤く大きなニキビになってきて、つぶしても芯が残っていて、また数日でニキビができてしまうのです。酷いとクレーターみたいなボコボコになるのもありました。

とても治りにくいニキビになっていました。そして、治ったとしても跡が黒ずんでずっと残ったり、シミになってしまったりもします。

それに、メイクをすると、化膿したりして余計にひどくなるので、あまりメイクも楽しめず、本当にもうニキビには毎日悩まされてしまいました。

そして、とうとう結婚式の日にもニキビは出てしまい、なんとかコンシーラーなどで隠してはもらったものの、式の最中も顔が気になって仕方ありませんでした。

人生の晴の舞台くらい、きれいな顔で写真に映りたかったなと思います。その後も、肌のぼこぼこはなくならず、あいからわず友だちからは「そのぼこぼこなんとかしたら?」などと言われ、そのたびに心がしゅんとしてしまいます。

ニキビがあると、顔をよく洗っていないのではないか、不潔にしているのではないか、というようなイメージを持たれていそうで、自分に自信がなくなってしまいますね。

ひどい時には、顔を見られないように、マスクをして外出するような感じでした。

最近になって肌のになって、肌のぼこぼこの解消法を見つけて、やっとぼこぼこがましになってきましたが、まだ若い頃のニキビのあとがシミになったり、皮膚が陥没したりして、それがシワになったりしています。ぼこぼこの解消法は効果が実感できているのでこれからも続けていきたいと思います。

今は、やっとニキビがあまり出なくなったので、メイクを楽しむこともできるようになりましたが、もっと若い頃から楽しめていたら、人生もちがっていたかなあと思います。